院内感染防止策
  1.  
感染症による院内感染を防ぐため、風邪症状の患者さんに対しては、事前に電話連絡をいただき、当方から時間指定させていただいた上で、診療を行なっております。体調不良にも関わらず、即時対応できない事につきましては、何卒、ご容赦ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
 

風邪症状を有していない患者さんには迅速対応を心がけ、院内の滞在時間を短くするべくご協力いただいております。院内待合室などでお待ちいただきたくない方は、当院スタッフにお声掛けいただき、院外敷地内(駐車場や玄関ベンチ)でお待ちいただいても構いません。院内の混雑状況について、来院前に電話でお尋ね下さっても構いません

 

(追記

徹底した動線区分や消毒により、院内感染対策には十分配慮しております。以下の一時的措置にも、引き続きご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

 
●新型コロナウイルス感染防止のため、診療開始時刻ちょうどに自動ドアを開錠しています。いつも8時頃に来られて週刊誌を熟読されていた患者さん、申し訳ありません。ご協力をいただければと存じます。
 
●新型コロナウイルス感染防止のため、アルコールの手指消毒に御協力ください
(自動アルコール噴射:@クリニック入り口)
(スタッフによるアルコール噴射)
感染防御というのは中途半端では意味をなさないため、院内に出入りされる方 全員に御協力いただきたく存じます。ただし、アルコールアレルギーの方やアルコール噴射をされたくない方には行っておらず、院内を出るまで厳重注意し誘導しながら見守っております。
 
●新型コロナウイルスの飛沫感染感染防止のため、受付カウンターに仕切り版を設けております。
 
●新型コロナウイルス感染防止のため、雑誌類は一時撤去しております。新聞を広げてくつろいでお待ちになっていた患者さん、申し訳ありません。
 
●新型コロナウイルス感染防止のため、絶対に、ドアノブには触れないでください。来院→待ち→診察→処方会計→帰宅までの一連の流れにおいて、患者さんがドアノブに一切触れないよう対応しています。
 
●新型コロナウイルス感染防止のため、トイレ洗面台の乾燥機の使用は出来るだけご遠慮ください。もとより、公衆トイレの使用は出来るだけ避けましょう。

 
 
2020年02月11日